年齢関係なくわきがの臭いは発生する

清原和博氏のジャイアンツ移籍について

1996年のオフ、清原和博氏はFA宣言を行い、兼ねてから憧れの球団であった読売ジャイアンツへと入団します。大きな期待を寄せられていたものの歴代の4番打者の様な結果を残すことが出来なかった事から、優勝を逃した戦犯の様に叩かれてしまいました。
しかしこの移籍が清原和博氏にとって失敗か否かと問われたら、私は間違いなく成功した移籍だっだと思います。
1986年にデビューして以来、ずっとライオンズの主軸打者として活躍してきたものの、監督が森監督から東尾監督へ交代して以来、常勝軍団を支えてきた選手のほとんどは移籍、または年齢から来る衰え等隠せなくなってきました。
当時まだ20代後半だった清原氏は監督の交代以降は故障等もあり年々成績も下降気味になっていました。
またその中で松井稼頭央選手ら若手が台頭してきた為、そのままライオンズに残留したとしてもきっと選手生活は長く続かなかったと考えます。今すぐ!こちらの野球 まとめで、お調べ下さい!
実際清原氏が抜けた後のライオンズはパ・リーグを連覇したことからもそれは言える事と思います。